利用する人が増える訳

Filed under:

一昔前までは「水と空気は無料」と言われいた事からわかるように、日本の水道水は安心して飲料ができる水として、ほとんどの家庭でそのまま利用をしていました。

しかし、生活が豊かになったことで「より安全」「より美味しい水」を求める消費者が増えて、まずはペットボトルに入った水の販売が始まり、その利用者が増える傾向が見られたのを皮切りに、最初はオフィスや公共の場で利用される事が多かったウォーターサーバーを自宅に設置する人が年々増加してきているのです。

その利用者の増加に伴い、ウォーターサーバーを販売するメーカー、そしてウォーターサーバーの水の種類も多くなり、利用をする人は、多くの種類の中から、ご自分の生活スタイル、またご自分の好みの味の水を選ぶ事ができるようになりました。
不純物を限りなく減らした水を利用したいという人には「RO水」と呼ばれる水を、そして水道水からは得る事の出来ないミネラル成分などを水から摂取をしたいと思う人には特定の原水から汲み取らた「天然水」を選ぶ事ができるのです。

また冷水、温水がいつでもサーバーからでてくるという事も利用者が増える要因のひとつとなっています。
暑い夏の日、冷蔵庫を開ける事無く、冷たく冷えた美味しい水がサーバーから出てくるという事は、冷蔵庫の開閉回数を減らすという節電にもなりますし、子供さんでも気軽に利用できるという事も魅力です。
また来客時にわざわざ少しのお湯を沸かすことなく、お茶やコーヒーに適したお湯が出てくるという事も、便利で利用をする人が増える要因のひとつとなっています。

こうしたことがウォーターサーバーを利用する人が増えている要因といえます。

またウォーターサーバーを利用する人の中には、いざという時の災害時などの数日間の水の確保という気持ちを持っている人もいるのです。
災害の際にはライフラインが停まる可能性があります、そうした時に数日間といえども安心して飲む事のできる水があるという事は安心材料のひとつであり、防災意識の一環とも言えるのです。

ウォーターサーバーの利用者が増える背景にはこうした防災意識もまたひとつの要因なのです。