値段の安いウォーターサーバーとは

Filed under:

たくさんの種類のあるウォーターサーバーの中から、サーバーのレンタル料が無料で、一本あたりの値段も安価、そして送料も無料という「安さ」を魅力に感じて、ウォーターサーバーの種類を決めるという人もいるかもしれませんが、ウォーターサーバーを利用し続けて行くためには、ランニングコストというものがかかってきます。

それはウォーターサーバーを利用する為に必要な電気代、そして安全さを継続させるためのメンテナンスです。
このランニングコストが他社のウォーターサーバーよりも高くなっていては、一本あたりの単価、送料などが安くなっていたとしても、継続して利用する上で長い目で見ると、反対に高くなっているという場合もあります。

ウォーターサーバーを利用したいけれども、できれば安く利用したいという消費者の気持ちだけで目先の安さだけを追及して、結局高くなっいたとしたら本当の意味での「安い」とは言えません。

本当の意味で「安いもの」を利用したいのであれば電気代、メンテナンス費用などのランニングコストまで考えてウォーターサーバーの種類を決めなければならないのです。

そしてせっかくウォーターサーバーを利用するのであれば、価格面の安さだけ考えるのではなく、ご自分やご家族の生活スタイルに合ったウォーターサーバーの種類を利用するのが賢い方法だと言えます。

例えばそれはボトルのタイプひとつとってもいえる事です。
ウォーターサーバーのボトルのタイプには大きく分けて2種類のボトルがあり、ひとつはガロンタイプ、もうひとつはワンフェイ方式と呼ばれるタイプです。
ガロンタイプというのは飲み終わったボトルを業者が回収をして新規のボトルと交換をしますので、このボトルは再利用をされます、その為価格的には比較的安価になっています。
もうひとつのワンウェイ方式のボトルは使い終わったボトルは回収をされる事はなくゴミとして廃棄をする事が可能ですが、その分価格的には割高になっています。

業者への回収の手間を省きたい、または常に新しい容器の水を利用したいのであれば多少割高であってもワンウェイ方式のタイプにするべきです。

これが安いだけではなく、ライフスタイルに合わせたウォーターサーバーの選び方です。