防災グッズの一つになります。

毎日飲む水を購入するのにはウォーターサーバーが非常に便利です。
第一に近所のスーパーなどに買いに行かなくても済むわけだし、重い荷物を配達してくれるので、苦労がありません。
ついでに、メーカーによってその水の種類は違いますが、天然水系か逆浸透膜系の2つに分かれていますが、これは好みによって選ぶものなので、自分の生活スタイルに合わせて購入するとよいでしょう。
個人的には、逆浸透膜系を選んでいますが、環境ホルモンまで取り除いてくれるので安全な水を頂いている印象が強いです。
安心な水を飲むことも重要な事ですが、一番役に立つことは、水を保存用として自宅に置いておくことが日常的に行えることです。
水は毎日飲んで、自然に減っていくので、ペットボトルなどを購入しておいておく方法に比べると賞味期限を切らす心配はないですし、何より1本の水の量が多いことが安心できます。
先の大震災の時には、被災地に暮らしていたので水の重要性がとても大きく、少なくても安心して飲める水は必須です。
ちなみに、そのときは飲料水の確保はウォーターサーバーの水と、近所の学校で配布してくれた水を利用していました。
それ以外の生活で使う水に関しては、地震の影響だとは思いますが、近くの林の中から湧水が出てきたので近所の人もそれを利用して過ごしていました。
安全に飲める水の確保がとても大事な事だと身をもって知る機会になりました。
話は変わりますが、ウォーターサーバーを利用していて便利なのは常にお湯と冷たい水が使えるところです。
ウォーターサーバーは一家に一台あると便利です。